2008年02月21日

小学校受験・願書の作成方法

小学校受験の願書作成について解説します。
入学試験をうけるためには、願書を出願しなければならず、一般的に毎年9月頃には出願時期となるので注意してください。

この願書は学校側がお子様を知るための貴重な資料となり、また面接をするときの質問材料ともなります。
テストを受け、面接を受ける前までに学校がお子様を把握するための判断材料となる書類ですので、読みやすく・伝わりやすく、丁寧に書くことが重要です。

まず、願書を書くにあたっての注意点ですが、下書きを必ずしてください。
書き損じた場合も想定して、願書を2部入手しておくことが重要です。

数部コピーして、記入練習するのもいいと思いますよ。
汚れた願書を提出しては心象も悪くなりますので、汚さないことが非常に大切となってきます。

下書きや、記入しやすくするために鉛筆で下書きをする場合がありますが、インクが乾かないうちに線を消そうとすると汚れてしまうのでその点には注意するようにしてください。
必ず、十分に乾いてから線を消すようにしてくださいね。

願書には写真を添付しますが、写真は曲がらないようにまっすぐと貼ります。
万が一、写真が剥がれてしまってはどの願書の写真のものかわからなくなってしまいますので、貼り付ける前に写真の裏に名前を書いておくようにしてくださいね。

印鑑はシャチハタではなく正式な印鑑を、まっすぐに押印します。
誤字脱字を出さないのはもちろんですが、読みやすいように楷書で記入するようにして、住所は必ず番地まで正式な形で表記するようにしてください。

最後に、記入の終った願書は必ずコピーをとっておくようにしましょう。
面接の演習などにも役立つんですよね。

次に願書記入の内容についてですが、あらかじめ記入する内容や学校の教育方針・理念などを項目別に箇条書きにしてまとめておいてください。
各項目の欄は空白をつくらないようにして、最後まできちんと埋めるようにしましょうね。

欄をのこしたり、余白があると悪い印象を与えてしまう場合があります。

しかし、逆に欄外まではみ出してしまうのはもっと論外ですので、欄の中に丁度収まるように推敲してから記入してください。

また、もっとも重要な志望理由についてですが、本などから抜粋した理由そのままを記入するのは適切とはいえません。
どの学校にだしても通じるような至極一般的な理由では、説得力に欠けますよね。

ご家庭での教育方針と学校の教育理念の共通する部分を説得力をもたせて表現するようにしてください。

そして最後に、短所を記入する際には、読み手に短所を短所として感じさせない表現を心がけることがとても大切です。

お子様の長所をたくさん見つけてあげて、愛情をもって表現すれば自然と短所のようには受け取れない文章になるので、ここは時間をかけてじっくり作成するようにしてください。


posted by 小学校受験 | 小学校受験

最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。